ファミリービジネス

Family Business

ファミリービジネスとは

ファミリービジネスとは創業者一族が会社の所有(株式)及び経営の両方、もしくはそのいずれかを実質的に支配している企業をいう。

ファミリービジネスで検討すべき事項(ファミリービジネススリーサークルモデル)

ファミリービジネスの実態

日本企業約250万社の97%は同族会社であり日本全体の雇用の70%以上を占めている。
日本ファミリービジネスの収益性は非ファミリー企業よりも安定していて高い。

ファミリービジネスの強み

所有と経営が一体化していることにより意思決定が迅速に行われる。
目先の利益だけにとらわずに長期的視野に立った経営活動を推進できる。
創業の精神が受け継がれステークホルダー(従業員・取引先・金融機関など)から共感や信頼を得られている。

サービス内容

  • ファミリービジネスコンサルタント顧問
  • スリーサークルモデル(経営・所有・家族)総合診断サービス
  • 事業承継・経営承継支援
  • 中期経営計画及び年度計画(予算編成)の策定支援
  • 業績管理制度の構築及び運用支援
  • 新規事業開発支援
  • 企業ガバナンス・内部統制構築支援
  • 後継者育成支援
  • 家訓・家憲策定支援
  • ファミリーミーティング・ファミリー協議会運営支援

コンサルティング料

基本料金 1回あたり25万円(税別) ※別途、出張費、宿泊費のご負担をお願いいたします
訪問頻度(時間) 月1~2回(1回あたり2~3時間)
主担当者 ファミリービジネスアドバイザー資格認定証保持者(AFBA)
支払方法 月末請求、翌月末払