未来会議

Future Conference

未来会議とは

未来会議とは、世代や組織の壁を超えて多様な参加者が集まり、答えのない問いについて創造的な対話を行い、より良い未来の実現に向けた『新たな関係性』と『新たなアイデア』から協調アクションを生み出していく場です。

  • 組織にはびこる既存の枠組みや固定概念、先入観を取っ払いたい。
  • 自社の新たな未来を創造していくための新しい事業を開発したい。
  • 次世代リーダーを担う社内ファシリテーターが育つ仕組みがほしい。
  • 組織の壁を超えて行動につながるオープンイノベーションを実施したい。

「未来会議」はそんなお客様のお役に立ちます。

MIRACREATIONの未来会議

経営力はあるがファリテーションスキルの弱いビジネスパーソンとファシリテーションスキルはあるが経営力の弱いファシリテーターとのギャップを補完して、経営力のあるファシリテーター(次世代型リーダー)が育ちます。MIRACREATIONは、お客様と共に新たな未来を創造していく共創パートナーとして、企業経営にまつわる人のことについてのあらゆる課題に、ワンストップで対応できる体制を整えています。

明確な目標を設定して、未来から逆算して仮説づくりとアクション、そして、結果の内省から次なる手立てを導き出すことがマネジメントに欠かせません。それは山登りのように例えることもできます。しかし、VUCAの時代には、目指していく未来へ意志を表示する山登りだけではなく、自分たちではコントロールできない波に運ばれることも必要になってきます。それはあたかも波乗りのようなマネジメントともいえます。未来会議は、答えのない未来に対する創造的な対話から山登りと波乗りの両方のマネジメントを実現する場になります。

※VUCA(ブーカ)とは、Volatility(変動)・Uncertainty(不確実)・Complexity(複雑)・Ambiguity(曖昧)という4つのキーワードの頭文字から取った言葉で、現代の経営環境や個人のキャリアを取り巻く状況を表現するキーワードとして使われています。

実績

MIRACREATIONの未来会議は、従業員数20名から5000名規模まで、さまざまな業界のプロジェクトに採用されています。

業界 従業員数 採用プロジェクト
製薬 5000名 未来会議を活かした未来ビジョン策定プロジェクト
システム 500名 未来会議の社内定着による意識改革プロジェクト
医療 300名 自己理解▶自己受容▶自己開示▶自己変容の仕組みづくり
サービス 200名 シナリオプランニングによる新規事業開発プロジェクト
飲食 20名 セルフマネジメントの仕組みづくり

お客様の声

  • 「自分の未来について真剣に考える社員が増えて仕事への取り組み姿勢も向上した」
  • 「答えのない未来についての対話を通じて、職場が自己開示できる安心安全の場に」
  • 「今後対話の重要性が高まるなか、ファシリテーションスキルが飛躍的に高まった」
  • 「真面目な事を真面目に話すのではなく、真面目な事を楽しく話せる会議が増えた」

これまでご支援させていただいたお客様からはこのような評価をいただいております。

お申込手順

まずはお気軽にご相談をいただけたらと思います。

担当より一言

学校教育でも「わかる」「できる」という学習観から「分かち合う」という学習観へシフトしています。より良い未来を創るのは子供達だけでなく、今現在ビジネスの現場にいる大人たちでもあります。組織内に未来会議を定着させて、答えのない未来へ創造的な対話を愉しみましょう。